大事な記念のお食い初めセットでお祝いを☆厳選6サイト

home > お食い初めセットについて > お食い初めのセットの利点と選ぶコツ

お食い初めのセットの利点と選ぶコツ

 赤ちゃんが産まれてから百日から百二十日頃に行うイベントに、お食い初めがあります。お食い初めは生後百日に行う人が多いですが、必ずしもその日に行わなくてはならないというわけだはありません。赤ちゃんの成長を願う儀式であり、赤ちゃんと両親の都合に合わせましょう。両親や赤ちゃんにとって、一生に一度の儀式となるお食い初めですが、初めてとなれば準備するものや手順がわからなくて頭を悩ませることになるのではないでしょうか。お食い初めに使用する祝い膳の献立の構成は、一汁三菜が基本となっており、赤飯と汁物、おかずの三品用意するのが一般的で、おかずは主菜を魚とし、副菜を二品準備しましょう。使用する食材は地域によっても変わり、その地の産物や縁起の良いとされる食材を使って問題はありません。

 自宅ならば好きなタイミングで行うことができ、周りの目を機にする必要もありません。しかし自宅で行うとなれば料理を準備する以外にも、専用の食器や歯固めの石を準備する必要があり、育児をしながらお食い初めの準備をするのは簡単なことではありません。その際に役立つのがお食い初めのセットです。自宅で手作りのお食い初めをする場合には、食材の買い出しや料理、掃除や儀式のセッティングも行わなくてはならないので億劫だという場合でも、お食い初めセットを利用すれば面倒な手間は一切かからず、自宅で気軽にお食い初めの儀式を行うことができるようになります。手間がかからないというだけではなく、自宅にいながら外食でしか楽しむことができない豪華で美味しい料理を楽しむことができるという魅力もあります。

 一口にお食い初めのセットといっても、通販で購入出来るお食い初めセットは、かなり豊富に商品があり選択肢が多くなっています。全てのメニューが調理済みというものもあれば、一手間かけて調理するものまで、色々なタイプの商品があります。お食い初め膳の献立は、実際に赤ちゃんが食べるということはなく、参加したパパやママ、祖父母や親戚で食べることになります。祖父母となれば、食べやすいものかどうかも気をつけなくてはなりません。赤ちゃんにとってお宮参りに続くイベントであると同時に、一生に一度のイベントとなるので、できる限りのこたをしてあげるべきであり、そのためにも事前に準備をしっかりしておく必要があります。早い段階でどのお食い初めセットにするのか考えて手配して起きましょう。

TOPへ戻る