大事な記念のお食い初めセットでお祝いを☆厳選6サイト

home > お食い初めセットについて > お食い初めセットの冷凍と冷蔵それぞれの利点

お食い初めセットの冷凍と冷蔵それぞれの利点

 赤ちゃんが誕生した後には、様々なイベントや儀式があり、事前に準備しておかないとあっという間に時間が過ぎていってしまいます。数ある儀式やイベントの中でも、早い段階に行うのがお食い初めです。生後百日頃に行う儀式であり、赤ちゃんが将来食べるもので困らないようにという願いを込めた大切な儀式です。一昔前は、自宅で手作りすることが当たり前でしたが、育児の中で材料を購入しに行ったり、専用の食器や歯固めの石を準備して料理をするのは簡単なことではありません。調理した際には調理器具も洗わなくてはなりません。そういった様々な手間を省くことができるのが、通信販売などで購入することができるお食い初めのせっとです。お食い初めセットならば、自宅にいながら本格的なお食い初めを手間なく行うことができます。

 一口にお食い初めのセットといっても、ありとあらゆる商品があり、どれが良いかはしっかりと比較してから選ぶ必要があります。専用の食器やお箸、そして歯固めの石などお食い初めに必要となっているものが全て揃っているセットもあれば、料理のみというセットもあります。必要に応じたセットを選ぶようにしましょう。選ばなくてはならないのは、セット内容だけではありません。お食い初めには冷蔵タイプと冷凍タイプがあり、それぞれメリットとデメリットには違いがあります。冷凍タイプは、手元に届いたらすぐにお食い初めを始めることができ、より気軽で手間がかかりません。しかしその分日持ちしないので、いつ儀式を行えるかわからないという場合には、腐らせてしまうというリスクもあるので向いているとはいえません。

 冷凍タイプの場合には凍らせておくことができるので、冷蔵と比べるとかなり日持ちはします。しかし食べるためには解凍しなくてはならず、前日から冷蔵室に移してゆっくりと解凍していかなくてはなりません。急遽お食い初めをする可能性がある場合には、冷凍は適しているとはいえません。冷蔵と冷凍とでは、メリットとデメリットに違いがあるということを頭に置いておくようにしましょう。どちらを選ぶ場合でも、お食い初めをする日に間に合うように届くのかということはしっかり確認しておかなくてはなりません。販売業者によって、どの程度で届くのかには大きな違いがあります。儀式を行いたい日に行うことができないとなれば、新たに日を決め直さなくてはならなくなってしまいます。料金や内容とともに届く日にも気をつけて起きましょう。

次の記事へ

TOPへ戻る